デトックスは本当?驚きのひまし油温湿布

ひまし油温湿布

米子市でレイキヒーリング、アチューメントをしています藤原です。

ひまし油温湿布だけでなく体の中から悪いものをだす、いわいる「デトックス」をするのもは多くあります。
ただ、こう言ったものの多くは否定されていたりもするんですね。

先日、友人が足裏からデトックスをする機械を買いたくてどれにするか今検討中だって話をされました。
これは、かなり以前からあるフットバスのような物に足をつけて電極を入れ水に特殊な物質を入れることで、足裏から体の中に溜まった悪い物が出ると言うものです。

僕も今から15年ほど前に知り合いの整体をされている方が、いち早く導入されたのでやってみました。

この機械ですが、今回、友人が探していたのでネットでいろいろと見てみると、やはり「否定」する事が書かれているものがありましたね。

ただ、これだけでなく占いやレイキなんかもそうですが、多くの否定していることを書いている人ってやったことないか、ちょっとだけ聞きかじった程度しか知らずに否定的な事を書いている事が多いんですよ。

今回、見たのもそんな感じでした。

足をつけているお湯が茶色に変化するのは、「電極の金属部分のサビなどが出ているからだ」と言っているんですね。
やってみればわかりますが、そんなに色が変わるほど錆びていません。

それに、僕がやった時は10人ほどで試して1人がやったら洗浄してすぐに次にって感じでやったんで、もしも電極の金属部分のサビなら段々と色が薄くならないと理屈に合いません。

ところが、色はまちまちで特に最後にやったタバコ大好きカップ麺大好きなOさんの時は、「茶色」と言うよりも焦げ茶色でしかも「ボルシチ」かってほど濃くなっていました笑

「サビ」では全く説明がつきませんよね。

人間の体って現代の医学程度ではわからないことだらけです。

ひまし油温湿布も同じように体の中の悪いものを排出します。

ある時、嫁さんと外食をして「唐揚げ定食」を食べたんですよ。
どこにでもあるチェーン店だったのですが、この唐揚げがまずいんです。

このお店は何度か来たことがあって、チェーン店ですから「凄く美味しい」ってことはないですが、そんなに不味いってイメージでもなかったのですが・・・

たぶん、上げるときの油がそうとうに古かったのだと思うんです。

僕はとりあえず全部食べましたが嫁さんは半分ほど食べて残していました。

実はちょうどその時は、ひまし油温湿布の9回中の2回目をやる日だったんです。
定期的にデトックスの意味で嫁さんとやるんですが、その最中だったのですね。

その夜に、ひまし油温湿布を行ったのですが・・・
ひまし油を染み込ませて背中に貼っている布がまっ茶色に・・・・・・

一部分とかではなくて全体が濃い茶色になってるんですよ。

昨日までの1回目にはそんな変色はありませんでした。

体調が極端に悪い時にひまし油温湿布をやると変色が起こるんですが、そんな中でもここまで変わったのはあまり見たことがありません。

僕だけなら「たまたま」もあるかもですが、嫁さんも同じような色になっていたんですね。

こうなると理由は、その唐揚げの「油」と考えるほうが辻褄が合います。
夫婦で同時になにか大きな病気に・・・ってのも確率論的にはあるかもしれませんが・・・

次の日にやった3回目はまったく変色はなかったんです。

そして、それ以後の4~9回も変色はなし。

もしかしたら、ひまし油をさいていなかったらその油が原因で体調を崩していたのかもしれません。

こう考えると、僕は方法さえ正しければ「デトックス」はあるんだと思うんですよ。

凄く偏った「西洋医学」って世界では否定かもしれませんが・・・まあ、市販のもので誰でもやれる方法で大病が治ったり防止されたら、「薬」が売れませんからね~笑

それではこれで終わります。

レイキやひまし油温湿布に興味のある方はこちらのホームページもどうぞ
https://getterlabo.com/hp/

お問い合わせなどはこちらから
https://form.run/@getterlabo-8619

タイトルとURLをコピーしました